家を貸すときに行うこと

大家は緊急時に連絡が取れることとトラブル対応が大事

家を貸す場合は設備の点検や清掃や修繕費の準備も大切 : 掃除での清潔感は大事だし定期的なメンテナンスは必要 : 大家は緊急時に連絡が取れることとトラブル対応が大事

家を貸す前に、大家業にはどんなことが関係しているかリサーチします。
そうすれば予期せぬことが生じても圧倒されることはありません。
慣れるまで最初は戸惑うこともあります。
貸主と良い関係を築くことはとても大事です。
信頼関係があると話し合いもスムーズだからです。
貸主にとっても話がしやすい大家さんでなければいけません。
これはマンションを借りていたときのことです。
マンションの設備にトラブルが多くいつもオーナーに連絡していました。
しかしオーナーといっても、若い独身女性で彼女もどうすれば良いかわかりません。

住まなくなった家を貸すための12のステップhttps://t.co/ZajGUmhD4U

— 白雨 (@toreber2) October 22, 2020
結局はトラブルを自分で解決するようにしました。
おかげで簡単な修理を覚えることができました。
常に連絡をとれるようにしておくことは大前提です。
緊急時に連絡が取れないとお互い不安だからです。
別の大家さんは修理を依頼してもなかなか解決してくれません。
忙しいか面倒かのどちらかです。
格安物件だったので、やはり自分で修繕することにしていました。
色々な大家さんがいますが、責任を果たすことはとても大事です。

家を貸す家を貸す注意点