家を貸すときに行うこと

家を貸す場合は設備の点検や清掃や修繕費の準備も大切

家を貸す場合は設備の点検や清掃や修繕費の準備も大切 : 掃除での清潔感は大事だし定期的なメンテナンスは必要 : 大家は緊急時に連絡が取れることとトラブル対応が大事

家を貸すまえには、一連の踏むべきステップがありました。
初めての経験でしたから、仲介業者に依頼しました。
仲介業者によると家の中にあるものは全部、片付ける必要があるとのことです。
つまり私物を置きっぱなしにしないという意味です。
これは一つといえでも荷物を残さないことは、意外に大変でした。
確かに家を借りるときには部屋は空っぽです。
設備に故障があってはいけませんから、水回りやボイラーなどの点検を行いました。
家を貸した場合、故障がでたら修繕を行う必要があります。
オーナーの責任ですから、修繕することを念頭において家賃設定をしなければいけません。
以前格安で友人に貸したとき、故障やトラブルがあるとすぐに連絡が来ました。
修繕費は貸した方が支払うために、結局赤字です。
友人だったので交渉することに抵抗がありました。
結局その物件は売りにだしました。
教訓は友人に貸す場合でも修繕費などを積み立てることが大事だということです。
その都度対応すればよいと思っていたので、甘く見ていました。
家を貸すときには掃除やクリーニングを行います。
それは印象をよくするためでもあります。
家を借りたい側はすこしでもきれいで、良い物件に住みたいと願うからです。
物件が清潔でないなら、一目みてやめるにちがいありません。